お知らせ

  1. リウエン商事 トップページ
  2. お知らせ

2016年のバックナンバーはコチラ

2017年のバックナンバーはコチラ

2018年年頭祈願が行われました

1月4日、今年も護国神社にて年頭祈願と年始式が執り行われました。
新年祈願祭では、修祓から玉串奉奠までの儀式が厳かに執り行われました。
年始式では、神谷社長の新年のあいさつを始め、年男・年女の社員によるスピーチ、お店を守って頂くお札の授与が行われました。
最後は恒例の「がんばろー!コール」今年は、お祭り男2代目 喜屋武マネージャーの元気な発声で締めて頂きました。

1月度ちょっとイイ話

KFC糸満店 Yさん

 年末、銀行に両替に行ったときの話です。 その日、現金の引出しがあったため早めに銀行に行ったのですが予想通り混雑しており、順番まちが発生していました。
私の番になったときに窓口の銀行員の方から「クリスマスお疲れ様です。年末も忙しいと思いますが、頑張ってください」と言われました。
年末は銀行もとても忙しそううでしたが、声かけしてもらったことにうれしく思いました。


KFC小禄店 Yさん

 昨年の那覇マラソンに参加した友人の話です。
折り返しのハーフ少し過ぎた所で前を走っていたランナーが、急に倒れたのを見て、慌てて寄ってみると、口から泡をふいて呼吸が弱くなっていたので急いで心臓マッサージを施し、周りの人に、救急車を呼んで貰い、搬送してもらったそうです。
無事、呼吸ももどったので、友人はゴール目指して走りはじめ どうにか完走出来たようでした。
人命救助、あなたのお蔭で助かった人がいて 良かったねと褒めてあげました。


KFC宮古店 Kさん

 「見本じゃなく手本になるような人になれ」亡き父が時々口にしていた言葉だ。
昭和一桁の頑固一徹な仕事人間。酒好きで、無愛想で短気で声が大きくて、まさに地震、雷、火事、親父。いや。ゴロは悪いが、親父、地震、雷、火事の順番の場合も多々あった。その反面、情が深くて涙もろい恥ずかしがり屋。酔っては友達を家に連れてきて、気分が良くなると大声で歌い、感情が高ぶると男泣き。現代だと離婚の原因になる項目が勢ぞろいだ。こうして書いているだけでも面倒くさくて難点だらけの様な父だが、父親として、男として、人として、父以上の人に出会ったことは無い。七人の子供を育て上げ、一代で始めた自営業を兄に託し、晩年は家族の勧めるままに、週三回のリハビリを兼ねたデイケアに通う生活。そんな父も半年前に八十八年の生涯を終えた。
五十数年前に離島から宮古島に移民し、山林を開拓、当時移民してきた男衆で一軒々の家を建て、四十世帯の集落ができた。子供の為、家族の為、地域の為と苦労を苦労とも思わず、ただひたすら働き続けた人生だったろう。
縁の下の力持ちである母に支えられ、口の悪さは直らなかったが、母を悪く言うことは無かった。兄と取っ組み合いのケンカもしたが、兄嫁の事は、一人娘の事よりも大事にした。母が大病を患った時には、身動き取れない自分と葛藤しながら泣いていた。入院中のリハビリになるからと渡したノートには、家族の名前と、中途半端なページに母にあてた感謝の言葉が書かれていた。
昭和一桁の頑固一徹な仕事人間。酒好きで、無愛想で短気で声大きくて泣き虫で、面倒くさい難点だらけの様な父。
そんな父が私のお手本です。


KFC小禄店 Aさん

 この間の休日、文房具店を探していたところ、何故か浦添市にある上江洌書店のことを思い出し、わざわざ、遠くの浦添まで行ってきました。
そこの書店は、一人~二人の従業員がいる小さな文房具店ですが、相変わらず、いいお店だなぁと思いました。
楽しそうに仕事をしている感じのいい店員とそこでの体験は、また行きたくなるいい見本になるお店でした。


KFCメインプレス店 Kさん

 クリスマスといえば、ケンタッキー。忙しい、ヤバい、大変、不安等様々なイメージがありますが、今回社員になって初めてのクリスマスを迎え、しかも、クリスマス経験のない店舗で不安がいっぱいでした。しかし、様々な方々のサポートもあり、大きなミスなく、なくどうにか終える事ができました。
 そんな私にもサンタがやってきて来ました。二十五日の明け方に帰ると、カバン置場に袋が・・・開けてみると洋服とジーパンが・・嫁サンタです。忙しい中、愛する私へのプレゼント!
私は何にもあげられなく申し訳ない想いと、愛されてる幸せで、クリスマスは、大変じゃなく大切なんだと思いました。未だに素直にありがとう言えてないけど、今年は戌年、犬の様に愛をどこかで叫びたいと思います。ナンバーワン。


KFC西原坂田店 Tさん

 私の長女の話です。お家では、手伝いをしてくれますが、やはり手伝いというのは嫌なもので、お願いをするといやーな顔をしながらも一生懸命?グチグチ言いながらやってくれます。
その長女が今度のクリスマスは坂田店のアルバイトとして働いてくれました。二日間という短い間でしたが、お願いされたことをコツコツとやってくれ、家とは違う一面を見ることが出来ました。
私の働く所を見せるいい機会にもなりました。
大変な仕事なんだなと理解もしてくれ手伝いも嫌な顔せず?してくれるようになりました。とても良かったです。


2017PAコンテスト

ドトールコーヒーのパートナーコンテスト受賞を受け、東京での表彰式、ディズニーアカデミーに参加した皆さんのコメントを紹介致します。


ベストパートナー賞 南部医療センター店 木下さん

まさにHappinessな経験 となりました。
皆様に支えられて、この様な経験を今回させていただけて感謝の気持ちでいっぱいです。
また来年も行きます!レジェンドを目標に!


優秀パートナー賞 中部病院店 仲原さん

アカデミーでは、これから仕事をする上で大切なことハピネス(幸福)を学び、もちろんパーク体験も研修として参加し、丸一日ディズニーランドで遊びながら、キャスト(ディズニーで働く方)のお客様に対する姿勢を実際に体験しました。
とても充実し、楽しい時間を過ごすことができ、気持ちのリフレッシュとこれからの仕事に対する活力を頂きました。お客様も従業員も誰もがハピネスになるお店にしたいと心から想いました。


エリア賞 中部病院店 當銘さん

1月19日(金)東京ディズニーランド「アンバサダーホテル」にて行われたディズニーアカデミーに招待されました。
ディズニー流の人材を育成する際の「マインド」と「スキル」を学び、新たに接客が大好きになりました!!四人の子供のママとして、素敵なホテルで貴重な体験ができ、一緒に招待されたPAさんと、ご褒美だね〜とenjoy満喫してきました!頑張った分成果がでて、評価が与えられる!ほんと最高です!
今後は、学んだ事を店舗で実践してお店のスタッフも、お客様ももっと「はれやか」にしたいです! 来年もディズニーアカデミーに行きます!
好奇心旺盛であれば面白いことを見つけられるであろう、そして、何かを成し遂げる為に必要なのは、勇気だ! “誰にでもチャンスはあります”

第2回 キッズスクール開催!!

1月13日、14日の両日で第2回キッズスクールを開催いたしました。
2日間で13組26名の親子が参加し、ケンタッキーについて学び、オリジナルチキン作りを体験しました。
今回、日本ケンタッキーフライドチキン(株)よりオリジナルレサピーチキンチキンマイスターのおふたりにもお手伝いいただきました。
最初は緊張していた子供たちも、オリジナルチキンを作る時には笑顔で【世界で1番おいしいチキン】作りをしていました。
チキンが出来上がったらみんなで「いただきまーす!」
自分で作った【世界で1番おいしいチキン】を食べ、26名の親子が幸せそうな笑顔を見せてくれました。
みんなに笑顔を与える、そんなスクールを今後もたくさん開催していきたいと思います。

快挙!2017年.DCSパートナーコンテストの結果報告

毎年、ドトールコーヒーでは、全国1200店舗を対象に、お客様への「おもてなし」の行動を審査し、優秀な店舗と個人を表彰するコンテストを行っています。
今回、2017年コンテストの結果が発表され、なんと、ベストパートナー賞に南部医療センターの木下海衣さん。優秀パートナー賞に中部病院店の仲原梨沙さん、二人が見事に受賞致しました。更に、店舗賞には、中部病院店が選出されました。
一度にこれだけの受賞はまさに快挙です!

ベストパートナー賞の木下さんは、1月19日ディズニーアンバサダーホテルにて行われる表彰式&豪華な食事会に招待されます。その後優秀パートナー賞受賞の仲原さんと共に、ディズニーリゾート主催セミナープログラム「ディズニーアカデミー」に参加し、ディズニーキャストの接客を実際に体験し学んで参ります。
表彰式 ディズニーアカデミーの報告を楽しみにしてください!

「ドトール のち はれやか」

2016年のバックナンバーはコチラ

2017年のバックナンバーはコチラ

株式会社リウエン商事

住所
〒901-2122
沖縄県浦添市勢理客4-17-11
TEL
098-875-2168
FAX
098-875-2123
  • いい話の広場(プチ紳士・プチ淑女からの手紙)

    「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動を
    応援しています